[アニメ・映像] 株式会社シャフト

Posted on Posted in 企業紹介

アニメの世界に入るという事

アニメを作り出す世界に入るという事は、日本が誇るものづくりの世界に入るという事です。
なぜなら、アニメは今、日本が誇る一大産業となっています。
世界では日本のアニメ作品が人気ですし、それに伴うキャラクターグッズの販売も売れ行き好調で、国を挙げて日本のアニメ作品は世界に進出しています。

アニメ作品を作る企業も多数存在していますが、1975年に創業して以来、アニメの世界を邁進してきたシャフトという企業も注目の企業です。
劇場アニメ、アプリ配信のアニメ、テレビアニメ等多くの作品を手掛けてきた実績があります。

アニメという世界を作り出す事の出来る企業への就職を考えている方にとって、シャフトも雇用されたい企業の一つといえるでしょう。

アニメは夢がある、でも現実感もある

アニメの世界では魔法や未来、過去等、現実には起りうるはずのない出来事が描かれることがあります。
でも日本で作られている多くのアニメ作品には、魔法の世界であっても主人公や主人公を取り巻くキャラクターにしっかりと心があり、その気持ちを主軸としながら物語が進行していくので、アニメの中に引きこまれていきます。

現実感のない世界をえがく作品であっても、日本のアニメはそこに出てくる人たちの心情を強く物語の中で描いているので、心に残る作品となるのです。
これは世界のアニメにはあまり見られないもので、世界各国で日本のアニメが人気となっているのも、同調できる気持ちがあるからではないかと感じます。

こうした本当にはない世界をえがくアニメの世界を、より挽きたてているのが、アニメを作っている側の技術と知識です。
動画スタッフ、原画スタッフ、仕上、撮影、制作進行などの様々な部署で、アニメ作品をものづくりの一つとして捉え、大切に一つ一つ作り上げているから、人が引き込まれる作品となるのです。

大切に一つずつ、心を込めてアニメというものづくりを行っているのが株式会社シャフトというアニメ・映像の企業です。

学んだことを力にしてものづくりをしたい

学校でアニメの技術や制作、動画の作り方や製法などを習う事が出来ます。
多くのアニメーターたちがこうした学校で基礎を学び、アニメ企業に入社していくのですが、やはり現場でしかわからないものづくりの大変さがあります。

シャフトもアニメという現実社会にはない世界をものづくりしている企業ですが、丁寧な仕事をすること、またアニメという世界を好きな気持ちをもって取り組める仕事はやりがいのある仕事となるでしょう。

こうしたアニメというものづくりに携わりたいという気持ちを持っている学生の方々であれば、シャフト等、魅力あるアニメ作品を手掛ける企業の魅力を理解されていると思います。
夢を現実にするために、アニメ制作企業に入るという決意をしっかり持って、就活に励んでほしいものです。