design

デザイナーに役立つ資格

Posted on Posted in 資格まとめ

将来はデザイナーになって世界を股にかけて活躍したい、という希望に胸を膨らませている方もいるかもしれませんが、これからデザイナーを目指すのなら取得しておきたい資格がいくつかあります。
ここではデザイナーになりたい方にオススメできる資格をいくつかご紹介しますから、ぜひ参考にしてください。

CGエンジニア検定

コンピューターグラフィックスの知識や技術を測る検定で、CG-ARTS協会が主催しています。
ゲームプログラマやゲームデザインエンジニア、CGプログラマなど幅広い職種を対象にしていますし、比較的知名度の高い検定です。
検定を受けておいて損することはないでしょう。

CGクリエイター検定

コチラもコンピューターグラフィックス関連の資格となりますが、CGエンジニア検定と同じく比較的知名度の高い検定となります。
主催している団体も同じですが、コチラは映像クリエイターやアニメーター、グラフィックデザイナーなどを対象としています。
これからこの業界で働きたいという方は取得しておくと就職に有利に働くかもしれません。

DTPエキスパート

この資格は日本印刷技術協会が主催しており、DTPに関する業務スキルを測るための試験となっています。
更新試験が二年ごとに自宅で受けられるという特徴があります。
学び続ける環境を重視した資格試験となっているのが大きな特徴と言えるでしょう。

Illustratorクリエイター能力認定試験

Illustratorクリエイター能力認定試験はサーティファイが主催する資格試験です。
ドキュメントデザインスキルに関する知識やイラストレーターソフトの製作スキルなどを測る試験となっています。
知識を測る試験のほか実技試験も実施されます。

Photoshopクリエイター能力認定試験

画像編集ソフトとして有名なフォトショップに関する知識およびそれを駆使するスキルを測るための資格試験です。
現代社会においてフォトショップを使用するジャンルや業界は非常に多いですし、これから先もフォトショップはますます利用される機会が増えるでしょう。
取得しておいて損することはない資格と言えるのではないでしょうか。

アドビ認定エキスパート/アドビ認定プロフェッショナル

アドビシステムズ社製品を使用するにあたってのスキルや知識を測るための資格試験です。
映像制作やデザイン関連などあらゆる企業においてアドビ製品は使用されていますから、取得しておくことで就職が有利になる可能性はあります。

このほかにもデザイン関連の仕事に就くために取得しておくと良い資格はたくさんあります。
ここでご紹介したものも含め、就職を有利にするためいろいろな資格を取得しておくのも良いですね。