kougyou

工業に役立つ資格

Posted on Posted in 資格まとめ

工業に役立つ資格もいろいろありますから、これから先工業関連の仕事に就きたいのならどのような資格があるのか知っておくと良いかもしれません。
資格がないとこの業界で働くことができない、ということはありませんが、取得しておけばそれなりの知識やスキルがあると判断されるでしょうし、就職活動において有利になる可能性はあります。

金属溶解技能士

工業関連の資格はたくさんありますが、代表的なものとして金属溶解技能士があります。
これは金属を溶かす技術に関する資格となり、資格がそれぞれ鋳鉄キュポラ溶解作業、鋳鋼誘導炉溶解作業、鋳鉄誘導炉溶解作業、鋳鋼アーク炉溶解作業、軽合金反射炉溶解作業に分類されています。
一級と二級があり、試験は学科と実技両方が行われます。

鋳造技能士

鋳造技能士も工業で役立つ資格の一つです。
鋳造技術は古代から存在するものですが、現代においてもあらゆる分野で利用されている技術ですし、工業においてなくてはならない技術の一つと言えるでしょう。

コチラは国家資格となり、鋳鋼鋳物鋳造作業、鋳鉄鋳物鋳造作業、銅合金鋳物鋳造作業、軽合金鋳物鋳造作業などに分かれています。
鋳造はこれからの工業においても必要な技術ですし、この国家資格を取得しておくことで就職率も高くなるのではないでしょうか。
もっと詳しく知りたい方はコチラも参考にしてください。
>>難易度ランキング一覧やおすすめ取得・日程など|資格の取り方

石材施工技能士

石材施工技能士は国家資格の一つで、石材加工や石張り、石積みといった石材に関する知識とスキルを測るための資格試験となっています。
石材加工業界で活躍したいのなら取得しておいて損はない資格ですから、興味のある方はぜひチャレンジしてみましょう。

資格を取得したほうが絶対に良い、とは言えませんが、少なくとも就職において多少なりとも有利になるのは事実でしょう。
試験に合格しているということはそれなりの知識と専門技術を有しているということですから、そこを判断されることも多いです。
ぜひトライしてくださいね。