anime

アニメーター

Posted on Posted in 職種紹介

アニメ大国としても知られる日本ですが、そんな我が国のアニメ業界を支えているのがアニメーターと呼ばれる職業の方々です。
アニメーターは人気のあるお仕事ですし、将来的にこの仕事に就きたいという方も実は多いのではないでしょうか。
そこで、ここではアニメーターというお仕事の内容や給与相場、資格などについてご紹介しましょう。

丁寧に仕上げる

アニメーターの仕事内容ですが、基本的にはアニメ作品で使用される作画を担当します。
キャラクターを描くこともあれば背景画像を担当することもありますし、一枚一枚丁寧に仕上げていきます。
自分で好き勝手に描いて良いわけではなく、指示に従って描画していくことが大切です。

基本的には作画を担当することが多いですが、制作会社によっては他の業務も同時に行うこともありますし、別の仕事を担当するということもあります。
基本的には一人で黙々と作画を行うお仕事ですが、他の部署との連携やコミュニケーションも必要となるため最低限のコミュニケーションスキルは必要となるでしょう。

画力あるのみ

アニメーターとして活躍するには特に必要な資格などはありません。
誰でもアニメーターになれる可能性がありますし、そう考えると夢のある職業と言えるのではないでしょうか。
もっとも求められているのはプロフェッショナルとして通用する画力ですから、それさえ備わっていれば重宝されるでしょう。

画力は持って生まれたセンスや才能もありますが、学ぶことで伸ばすこともできます。
独学で画力をアップさせた方もいるでしょうが、効率良くスキルを伸ばしたいのなら学校に通って学ぶというのも一つの手でしょう。

現在ではアニメーター育成の専門学校などもありますし、美術系の大学に通うというのも良いかもしれません。
独学でも画力を向上させることは可能ですが、独学だとどうしても行き詰ってしまうことがあります。
アニメ制作会社やスタジオに就職したあとは経験を積みながらスキルを伸ばしていきます。

若いうちは稼げない

アニメーターの給与相場は実にまちまちですが、平均的に低い給与で働いている方が多い傾向にあります。
もちろん、勤務する会社によるのですが特に若いうちはあまり稼げるお仕事ではありません。
それでもこの仕事に人気が集まっているのは子どもからお年寄りまで大勢の方に夢を与えることができるお仕事だからでしょう。

また、フリーランスとして働いているアニメーターの場合だと歩合になっているためこなした仕事の分だけ稼ぐことが可能となります。
いずれ独立してアニメ制作会社を興すということもできますし、そう考えるといろいろな意味で夢を持てるお仕事と言えるのではないでしょうか。

アニメーターは他の仕事に比べてもそこまで大きく稼げるお仕事ではありませんし、最初のうちは特に大変なことが続くでしょう。
しかし、大きなやりがいを感じられる職業ですし、誰もが知っているアニメ作品の制作に関わることもできるやもしれません。
いろいろな夢があるお仕事です。