CG

CGデザイナー

Posted on Posted in 職種紹介

CGデザイナーとは、コンピューターグラフィックスを駆使してデザインを描くお仕事です。
今やあらゆるジャンルでコンピューターグラフィックスは使われていますし、ゲームや映画などで利用されていることは有名ですよね。
ここではCGデザイナーの仕事内容や必要となる資格、給与相場などについてご紹介します。

建築や機械設計といったジャンルでも活かせる

コンピューターグラフィックスを使って二次元や三次元のグラフィックスを制作することが主な仕事となります。
ゲームやアニメーション、映画などさまざまな映像作品においてコンピューターグラフィックスは重宝されていますし、建築や機械設計といったジャンルでも利用されています。

主な活躍の場は映像関連の制作会社となりますが、ほかにもデザイン事務所などに所属して働くということもあります。
現在第一線で活躍している方の中には会社に所属している方のほか、独立して個人で仕事を請け負っているような方もいますからさまざまな活躍の仕方が模索できます。

検定が一応ある

この職業に就くにあたって必要となる資格は特にありません。
CG検定のような資格もありますが、どうしてもこの検定を受けていないとこの仕事に就けないということもありませんから、興味のある方は取得しておくと良いでしょう。

資格を取得しておけば就職に有利に働く可能性はありますから、持っておいて損することはないでしょう。
また、就職の際には専門的な知識やスキルを持っておいたほうが有利になることが多いですから、専門学校で専門課程を修了しておくと良いかもしれません。

独学でCGデザイナーを目指すということも不可能ではありませんが相当な努力が必要となる上に回り道になってしまいますから、本気で目指すのなら専門学校で学ぶことをおススメします。
優れたオリジナル作品を生み出しているのならそれが認められて就職できるかもしれません。

フリーは強い

気になるこのお仕事における給与ですが、平均的な年収としてだいたい300~500万円前後となっています。
非常に高度な専門知識やスキルが必要となる仕事ですが、そこまで収入面が良いというわけではありません。
しかし、経験を積んで独立しフリーで活躍できるようになると話は違ってきます。

企業に所属して社員として働く場合だとそこまで高収入は見込めないものの、フリーランスで活躍できるようになると社員時代の何倍ものお金を稼ぐことも夢ではないでしょう。
それを目指して頑張るのも良いかもしれませんね。

CGデザイナーは将来性にも優れた職業ですし、専門性も高いため職を失ってしまうという可能性も低いです。
また、さまざまなジャンルで自分の描いた作品が使用されるのはうれしいものですし、それだけでもやってみる価値は十分あるお仕事ではないでしょうか。