debakku

デバッガー

Posted on Posted in 職種紹介

デバッガーと呼ばれる職業があることをご存じの方は少ないかもしれませんし、どのような仕事を行うのかを詳しく知っているという方は極めて少ないでしょう。
ゲームやウェブコンテンツを正常に作動させるためにはデバッガーの活躍が必要不可欠ですし、特にネット全盛の現代においてはその重要性が注目されています。
ここではデバッガーの仕事内容や給与相場、必要な資格などについてご紹介したいと思います。

バグを発見し除去する

デバッガーの仕事内容を簡単に説明すると、コンピュータープログラムの誤りや不具合を除去するお仕事と言えます。
つまり、システムの中に存在しているバグを発見しそれを除去することがデバッガーの役割となります。

プログラムにバグが発生してしまうとゲームやウェブコンテンツが正常に作動しなくなりますし、それが大きなクレームの原因になってしまうこともあります。
そのようなことが起きないように腕を奮うのがデバッガーで、バグの発見だけでなく修正作業を行うこともあります。

簡単ではない

この仕事に就くのに特別必要な資格や免許などはありません。
ただ、資格は必要ないとはいえ専門的な知識は必要となりますから、決して簡単なお仕事とは言えないでしょう。

コンピュータープログラムの不具合を発見するだけならともかく、発見したバグを修正するにはプログラミング言語に関する知識も必要となります。
アルバイトなどで募集されているケースだと開発中のゲームなどをプレイして、バグを見つけたら報告するというだけですから特別専門的な知識が必要ということはありません。
バグの修正までできるデバッガーになるにはプログラミングを学べる学校で知識と技術を身につけ、その後就職して現場でスキルをさらに磨くことになります。

デバッガーの年収

デバッガーの年収ですが、これは一概には言えません。
不具合やバグの発見、修正などを一連の作業として行うデバッガーならそれなりの収入を得ているかもしれませんが、それも勤務する会社によって大きく変わってきます。

アルバイトで募集しているバグ発見要員などの場合は時給1000円程度となっていることが多い傾向にあります。
勤務先によって収入が大きく変わってきますから、求人に応募する際にはそのあたりをしっかりチェックしておきましょう。

デバッガーは将来性という観点から考えてもオススメのお仕事ですから、興味のある方はぜひこの職業にもチャレンジしてみましょう。
黙々と仕事をこなしたいという方にはオススメですし、注意力や集中力のある方にもピッタリの職業ではないでしょうか。