grafick

グラフィックデザイナー

Posted on Posted in 職種紹介

あらゆる平面デザインを手がける職業がグラフィックデザイナーです。
私たちが日常的に目にするさまざまな商品やウェブデザインなどを手掛けているグラフィックデザイナーは人気のあるお仕事ですが、ここでは仕事内容や必要な資格などについてご紹介しましょう。

クライアントの意思を形にする

雑誌や広告などのデザインをはじめ、あらゆる印刷物のデザインに携わっているのがグラフィックデザイナーです。
主なクライアントは広告代理店や制作会社となり、クライアントの意思に沿ってデザインを行います。

基本的にはグラフィックデザイナーが単独でデザインを行うことが多いのですが、プロジェクトによってはイラストレーターなどとチームを組んで仕事を進めることもあります。
ただデザインを黙々と行うようなイメージがありますが、実際にはクライアントと綿密な打ち合わせをしたり、チームのメンバーと意見のすり合わせを行うこともあるため業務内容は多岐にわたります。

高度な知識と技術

グラフィックデザイナーの仕事にこれといって必要な資格などはありません。
資格や免許がなくてもこの仕事に就くことはできますが、専門的なお仕事のため高度な知識と技術は必要となるでしょう。

この仕事に就くには美術系の大学や専門学校で学び、そこからデザイン関連の会社に就職することになります。
いきなり大掛かりなデザインを任されることはほとんどなく、しばらくは作業補助のような形で業務が進んでいくでしょう。
経験を積めばやがて大きな仕事をさせてもらえますし、いずれは独立ということも不可能ではありません。

幅がある

300~500万円程度がグラフィックデザイナーの平均的な年収となっています。
ただし、この仕事は所属する企業によって大きく給与が異なってくるためこの限りではありません。
実際にはもっともらっているという方もいますし、もっと低いという方もいるでしょう。

最初のうちはアシスタント的な業務が多いですし、下積み時代にはそこまでの給与は期待できません。
独立して自分の事務所を開くなりすれば収入は一気に跳ね上がるのではないでしょうか。
いずれにせよ最初のうちは企業に所属して経験を積むことになります。
締切に追われることも多い仕事ですから時には徹夜も覚悟する必要がありますが、その分大きなやりがいと充実感を得ることができるのではないでしょうか。

グラフィックデザイナーの仕事がなくなるということは考えられませんし、これから先も活躍できる職業の一つと言えるでしょう。
自分の担当したデザインが世の中に出回るのはうれしいものですよね。
デザインが好きという方や、少しでもこの業界に興味があるという方はぜひチャレンジしてみましょう。