irastrater

イラストレーター

Posted on Posted in 職種紹介

女性からも人気の職業として知られるイラストレーターは、専門職として高い人気を誇っています。
イラストレーターが活躍できる職場はたくさんありますし、近年ではより注目されるようになりましたね。
ここではイラストレーターの仕事内容や給与相場、必要となる資格などについてご紹介しますからぜひ参考にしてください。

想像力が必要

クライアントの意向に沿ったイラストを描くのがイラストレーターのお仕事です。
あらゆる印刷物のデザインを手がけることが多いですが、インテリアデザインなどを手掛けるイラストレーターがいるのも事実です。

ただイラストを描けば良いという単純なお仕事ではなく、業務をスムーズに進めるためにクライアントや一緒に仕事をしているメンバーとコミュニケーションをとったり、連携を図ることも重要となります。
求められるイメージをイラストで表現することが求められますから想像力が必要となるのはもちろんのことでしょう。
イラストレーターだけでプロジェクトを進めていくこともありますが、グラフィックデザイナーやライターとチームになって仕事を進めることもあります。

学校をでるのが一般的

イラストレーターになるには特別な資格や免許は必要ありませんから、求人を募集している企業に就職できればすぐにでもイラストレーターとして仕事を開始することができるでしょう。
しかし、専門的な知識や技術が必要となるのは当然のことですし、そこが採用条件に含まれていることがほとんどです。

デザインや美術系の専門学校、大学などでデッサンや色彩を学び、そこからさまざまな業界に就職していくというケースが多いようですね。
独学でもセンスをアピールできるような作品があればそれを武器に企業へ売り込みすることもできるでしょう。

多額ではない

人気の職業として知られるイラストレーターですが、そこまで多額の給与をもらっているわけではありません。
年収は勤務する企業によって大きく変わってくるものの、だいたい300~400万円程度だと言われています。

もちろん、中には驚くほど稼いでいる方もいるにはいますが全体の1パーセントにも満たない数なのではないでしょうか。
経験を積みながら多くの方の目に止まるような有名イラストレーターになれたら収入はそれに比例して上がっていくかもしれません。

イラストレーターは人気のあるお仕事ですから、興味のある方はぜひチャレンジしてみましょう。
しかし、先ほども言ったようにそこまで給与が高いお仕事ではないため、就職したばかりのころはいろいろと苦労してしまうかもしれません。
学生時代にある程度貯蓄などをしておくと生活に困ることもないでしょう。