sound

サウンドクリエイター

Posted on Posted in 職種紹介

サウンドクリエイターとはその名の通り音に関わるお仕事となります。
あまり普段から耳にするような職業ではありませんし、どのような仕事なのか分からないという方も多いのではないでしょうか。
そこで、ここではサウンドクリエイターの仕事内容や給与相場、必要となる資格などについてご紹介しますからぜひ今後の参考にしてください。

さまざまなコンテンツで使用される

あらゆるコンテンツで使用される音楽を制作するのがサウンドクリエイターの仕事となります。
今の世の中には音楽が蔓延していますし、普通に日常生活を送っているだけでも実にさまざまな音楽が耳に入ってきます。
映画やゲーム、携帯電話などさまざまなコンテンツで音楽が使われていますし、日頃当たり前のように耳に入ってくる音楽をサウンドクリエイターが制作していることも珍しくありません。

人気の仕事

サウンドクリエイターになるために必要な資格はありませんから、まずはこの業界に足を踏み入れることが大切です。
クリエイティブな仕事なのでそれなりに人気もありますし、求人枠がすぐに埋まってしまうことも珍しくありません。

サウンド制作に必要な知識や技術を学ぶことのできる専門学校も現在ではたくさんありますし、そうした学校で必要なスキルを学んでから就職するというのが一般的です。
独学でスキルをマスターして就職するというのは少々至難の業ですが、企業によっては専門スキルなどを必要としないケースもあるため一概に絶対ムリとは言い切れません。

楽曲制作はアナログな発想やイメージ力も必要となりますし、あらゆるデジタル機器を使いこなすスキルが求められることが多いです。
コンピューターのスキルも少なからず必要となるでしょう。

断言はできない

どらくらい稼ぐことができるのかというのは実にまちまちですから、ここで一概に断言することは難しいです。
働くことになる会社によっても待遇は異なるでしょうし、最初から恵まれた環境で働ける方もいればそうでない方もいます。

400~500万円くらいが平均的な年収と言われていますが、実際にはそんなにもらっていないという方、もっともらっているという方さまざまでしょう。
経験を積んでいけばサウンドクリエイターとしてのスキルもどんどん磨かれていきますし、そうなれば大きな仕事も任せてもらえるようになります。

そうなれば収入はアップするのではないでしょうか。
サウンドクリエイターは音楽好きな方にもオススメの職業ですし、多くの方に感動を与えられるお仕事ですからぜひチャレンジしてほしい職業の一つですね。
クリエイティブな仕事をしたいという方にもピッタリですから、興味がある方はぜひチャレンジしてみましょう。