make

特殊メイクアーティスト

Posted on Posted in 職種紹介

特殊メイクアーティストは近年注目を集めている職業の一つで、将来この仕事に就きたいという方も少なくありません。
ただ、特殊メイクアーティストという職業を聞いたこともなければどのような仕事内容なのかもまったく分からないという方も多いでしょうから、ここでは主な仕事内容や必要な資格、給与相場などについてご紹介したいと思います。

ホラー映画など

ドラマや映画などの映像作品において活躍しているのが特殊メイクアーティストです。
特殊メイクという言葉は耳にしたこともある方は多いと思いますが、もっとも代表的なものだとホラー映画ではないでしょうか。

人の見た目を大きく変化させることのできる特殊メイクはハリウッド作品などでも多用されていますし、日本の映像作品においても特殊メイクが活躍している作品はたくさんあります。
ゾンビやモンスターなどは特殊メイクの腕の見せ所ですね。

特殊メイクの技法というのは実にさまざまで、いろいろなテクニックを駆使しながらメイクを完成させていきます。
通常のメイクアップと違って見た目を大きく極端に変化させることが多いということが大きな特徴と言えるでしょう。
ゴムやシリコンを顔に貼り付けていくような技法もあれば、マスクを制作することもあります。

狭き門である

特殊メイクアーティストになるために必要な資格や免許はありません。
ただ、求人の絶対数は少ないですし、狭き門ですから就職もなかなか難しいかもしれませんね。

この仕事に就きたいのならまずは特殊メイクについて学ぶ必要があるため、技法や知識を学ぶことのできる学校に通うことが先決です。
独学でマスターできるほど甘いものではありませんから、専門学校やスクールに通うのがもっとも近道となるでしょう。

また、ヘアメイクなどが学べる学校だと特殊メイクを専攻する科目が設けられていることもあります。
主な就職先は特殊メイクを扱う工房や専門企業がメインとなるでしょう。
経験を積めばさらに活躍の場は広がるでしょうし、いずれは海外に渡ってさらにスキルを磨くということもできます。

給与相場について

特殊メイクアーティストの給与はまちまちですし、人によって変わります。
また、勤めている企業によっても変わってきますが、だいたい400~500万円程度が相場ではないでしょうか。

企業に所属して働いていてもそれなりに稼ぐことはできますが、独立してフリーランスで活躍できるようになればもっと年収はアップするでしょう。
それを考えると夢のあるお仕事と言えますよね。

専門職である特殊メイクアーティストはやりがいもあるお仕事ですから、少しでもこの世界に興味を持ったという方はトライしてみてはいかがでしょうか。
経験を積んでいけば活躍できるところも国内外を問わず広がりますよ。