tougei

陶芸家

Posted on Posted in 職種紹介

アートなセンスがものを言うお仕事の一つが陶芸家でしょう。
陶芸家と聞くといかにも職人気質な方が就く職業のようなイメージがありますが、実際には女性もたくさん活躍している世界です。
ここでは陶芸家の仕事内容や給与相場、必要な資格などについてご紹介しますからぜひ今後の参考にしてください。

専用の窯で焼く

陶芸というのは土から焼き物を造りだすお仕事のことを指します。
土を練って形を造り、専用の窯で焼くことによって作品にしていきます。

焼き物を作るにはさまざまなステップが必要となりますが、基本的にすべての工程を一人でこなすというケースが少なくありません。
作品のデザインはもちろん造形や焼き、最終的な仕上げまでを一人の職人が一環して行うことが普通です。

純粋に陶芸の道を究めようとする陶芸家もいれば、積極的にその他の活動を行うような方もいます。
焼き物教室を開催したり、メディアへの露出が多い方もいます。
知名度や経験年数によっても仕事の内容が変わってくる職業ではないでしょうか。

弟子入り

必要な資格はありませんから、その気になれば誰もがその日のうちに陶芸家を名乗ることができるでしょう。
工芸関連の学校で基礎的なことを学んでおくとお仕事に役立てることができますが、職人に弟子入りした場合などは最初からいきなり大切な工程を任されることはまずありません。

焼き物を作る土をこねることすら最初はやらせてもらえず毎日のように雑務ばかりが続く日々となるやもしれません。
現在第一線で活躍している著名な職人もそうした下積み時代を経ていることが多く、そのような流れが現在も続いています。

安定した職業ではない

陶芸家の年収は非常に幅広く、50~300万円ほどとなります。
もちろん、知名度が高くなり有名になればもっとたくさん稼ぐこともできるでしょうが、決して安定した職業とは言えないでしょう。

収入のことを第一に考えるようならこの職業は向いていませんから別のお仕事をチョイスすることをおススメします。
特に下積み時代などはほとんど給料らしい給料はもらうことができないケースが多いですし、お小遣い程度に数万円をもらうというようなこともあります。

完全実力主義の世界ですから、そういう意味では大きなやりがいを感じられる職業と言えるでしょう。
独立すればそれなりの稼ぎを得ることができるようになるかもしれませんが、それもやはり実力次第です。
師匠の元から独立して余計収入が少なくなったという方もいますから注意が必要ですね。

実力とセンスがものをいう職人の世界ですから、チャレンジ精神旺盛な方はぜひトライしてみることをおススメします。
やりがいや夢はある職業ですよ。