webcriaet

Webクリエーター

Posted on Posted in 職種紹介

ウェブクリエイターと呼ばれる職業について詳しくご存じの方は少ないのではないでしょうか。
類似するお仕事としてウェブデザイナーがありますが、ウェブクリエイターとウェブデザイナーとでは仕事内容は大きく異なります。
ここではウェブクリエイターの仕事内容や必要な資格、給与相場などについてご紹介するとしましょう。

ウェブサイトの基本的な設計

ウェブクリエイターの主な仕事は、クライアントと打ち合わせすることによって制作しようとするサイトの明確な方向性やコンセプトを定めることです。
つまり、ウェブサイトの基本的な設計を決めるのがウェブクリエイターの主な仕事と言えるでしょう。

サイトの基本設計を考えるだけでなく、開発スケジュールや運営体制についてもウェブクリエイターが考える必要がありますし、サイトに使用するコンテンツの制作にも携わります。
ウェブデザイナーがサイトデザインに特化した仕事なのに対し、ウェブクリエイターはウェブサイトの全体像を造っていく仕事と考えると分かりやすいかもしれませんね。
サイトの規模によっては一人ですべてを担当することもありますが、ほとんどのケースにおいて複数のチームで作業を行うことが普通です。

学校から企業へ

ウェブクリエイターになるために必要な資格はありません。
関連する資格としてCG検定マルチメディア検定やサーティファイWebクリエイター能力認定試験などがありますが、必ずしもこれらの資格を取得していないとウェブクリエイターになれないということはありません。

資格が必要ないとはいえ、ウェブ制作に関わる一通りの知識や技術は必要となります。
独学でも学べないことはありませんが、効率良く学ぶのなら専門学校などに通ったほうが良いでしょう。
学校で専門知識や技術を学んだ後にウェブ制作会社などに就職するという流れが一般的です。

勤める会社で変わる

ウェブクリエイターの給与はまちまちですし、勤める企業によっても変わってきます。
300~500万円前後の年収となることが多い傾向にありますが、この枠に収まらない方も当然います。

しっかりと経験を積み、大きなプロジェクトを任されるようになればそれに伴って収入もアップしていくでしょう。
最初のうちは小さな仕事や雑務ばかりになるかもしれませんが、マジメに働いていれば必ず報われる日がやってくるのではないでしょうか。

インターネットがなくなるということは考えられませんし、ウェブサイトの数は年々増えています。
これから先もたくさんのウェブサイトが生まれるでしょうし、ウェブクリエイターの仕事がなくなるということもまず考えられません。
将来性も抜群のお仕事ですから、興味がある方はぜひトライしてみましょう。