web

Webデザイナー

Posted on Posted in 職種紹介

現在では誰もがインターネットを利用していますし、我々の生活においてインターネットはなくてはならない存在になりました。
ネット上には数えきれないほどのウェブサイトが存在しますが、そのウェブサイトのデザインを行うのがウェブデザイナーのお仕事です。
ここではWebデザイナーのお仕事内容や必要な資格、給与相場などについてご紹介しましょう。

指示に従いながら作業する

ウェブサイトのデザインを行うのがウェブデザイナーのお仕事です。
人によっては「ウェブサイトを制作すること」をウェブデザイナーのお仕事と思っている方もいるかもしれませんが、ウェブサイトを作成するにあたってはいくつもの工程がありますし、サイトの設計とデザインは担当者や部署が異なることが普通です。

ウェブデザイナーはあくまでウェブサイトのデザインのみを担当することが多く、ウェブディレクターなどの指示に従いながら作業を進めていきます。
見栄えが良いサイト、見やすいデザインを心がけるのはもちろんですが、それ以上にウェブサイトのコンセプトに沿ったデザインを行うことが求められます。
チームでの仕事となりますから、協調性やコミュニケーション能力も必要となるお仕事です。

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイナーになるために必須の資格などは存在しませんから、とりあえずウェブデザインの制作会社などに就職することができれば誰でもウェブデザイナーになることができます。
必ず取得しておかねばならない資格などはありませんが、取得しておけば就職に有利になる資格はいくつかありますから押さえておくと良いでしょう。
ウェブデザイン技能検定はもっとも代表的な検定で、ウェブ業界では唯一の国家資格となります。

今後ウェブデザイナーはますます重宝される存在となるでしょうし、より質の高い人材を確保するための基準としてこの国家資格の取得者を優先的に採用しようとする企業が増える可能性もあります。
取得しておいて損することはないでしょう。

専門的な仕事

ウェブデザイナーは専門的なお仕事には違いありませんが、そこまで年収が高い職業とは言えません。
だいたい300~400万円程度の年収が平均的ですから、専門職ということを考えると少々低い傾向にあります。
しかし、これは勤務する会社によっても変わってきますから、実際にはもっともらっているという方も多いのではないでしょうか。

ウェブデザイナーは将来的に独立することも可能ですし、独立すれば自宅をオフィスとしてお仕事をすることもできます。
そこに魅力を感じている方も多いのではないでしょうか。
独立して自分で仕事を請け負うようになれば収入はもっと高くなるでしょうし、企業に勤めていたときの数倍の年収を得ることも決して夢ではありません。

これからもウェブデザイナーという仕事は重宝されるでしょうし、この仕事がなくなるということは考えられません。
将来性という意味でも優れていますから、興味のある方はぜひトライしてみましょう。