工場で働く

Posted on Posted in 仕事場紹介

工場でのお仕事はものづくりの代表的な仕事の一つですよね。
ただ、工場と一口に言ってもいろいろな工場が存在しますし、職種も実にまちまちです。
ここでは工場の仕事の種類や資格、給与相場などについてご紹介しましょう。

お仕事の種類

工場でのお仕事と言っても実にまちまちです。
もっとも有名なところで言えばライン業務が挙げられますが、これはライン上を流れてくるものを梱包したり、または部品を組み付けていくようなお仕事になります。

自動車関連工場などではラインの業務が多いですし、ラインで流れてくる部品を一連の流れ作業で組み付けていきます。
また、組み付けに必要となる部材が切れないように補給していくようなお仕事もあります。
工場で欠かせないお仕事の一つとしてフォークリフトによる運搬もありますが、これは工場によってないこともありますね。

マシンオペレーターなども工場ではメジャーな仕事です。
据え付けられた機械の前でオペレーターが操作し、組み付けやプレスなどを行っていきます。
マシンオペレーターは求人も比較的多いですし、自動車関連や航空機関連工場でも豊富な求人が出されています。

一つの工場でも部署によって行う業務は大きく異なりますし、もしかするとモノ作りとまったく関係のない部署に回される可能性があります。
もちろん、工場で働くわけですから間接的にはモノ作りに携わっていますが、直接的なものづくりをしたいのなら現場が一番ですね。

関連する資格について

工場勤務で役に立つ資格についていくつかご紹介しましょう。
まず、フォークリフトの資格はもっともメジャーかもしれません。
工場ではトラックで運搬されてきた荷物を移動させることも多いですし、そのためにフォークリフトを使用します。

フォークリフトは資格がないと運転できませんから、取得しておくとリフト工として働くことが可能となります。
また、溶接の資格も工場勤務だと持っておくと良いですね。
特に金属加工や製造工場では重宝します。

給与相場について

工場勤務における給与相場ですが、これは工場によって大きく変わってくるため一概に言えません。
同じものを作っている工場でも地域によって変わってくることがありますし、会社によって大きく異なってきます。

また、雇用形態によっても変わってきますし、アルバイトと派遣、正社員、準社員では手取りの額も相当変わってくるでしょう。
だいたい20万円前後となることが多いですが、この限りではありません。

また、工場勤務につきものなのが残業ですが、これも会社によって残業代の割増率は変わってきます。
20~25パーセントアップ程度が多いですが、もっと高いところ、安いところもありますから事前に確認しておきましょう。

工場と一口に言っても何を造っているかによって業務内容や必要となる資格は変わってきます。
そのため、求人に応募する前にどんなものを造っているのか、必要な資格があるのか、給与はどれくらいもらえるのかということをチェックしておきましょう。