絵画 買取

陶芸家

Posted on Posted in 職種紹介

アートなセンスがものを言うお仕事の一つ。
陶芸家と聞くと、いかにも職人気質な方が就く職業のようなイメージがありますが、実際には女性もたくさん活躍している世界です。
ここでは、陶芸家の仕事内容や給与相場、必要な資格などについてご紹介するので、陶芸家を目指している方はぜひ参考にしてみてください。

仕事内容

陶芸というのは、土から焼き物を造りだすことを指します。
土を練って形を造り、専用の窯で焼くことによって作品にしていきます。

焼き物を作るにはさまざまな工程が必要となりますが、基本的にすべての工程を一人でこなすというケースが少なくありません。
作品のデザインはもちろん造形や焼き、最終的な仕上げまでを一人の職人が一環して行うことが普通です。

純粋に陶芸の道を究めようとする陶芸家もいれば、積極的にその他の活動を行うような方もいます。
焼き物教室を開催したり、メディアへの露出が多い方もいます。
知名度や経験年数によっても、仕事の内容が変わってくる職業ではないでしょうか。

弟子入りすることも

陶芸家に必要な資格はありませんから、その気になれば誰もがその日のうちに陶芸家を名乗ることができるでしょう。
工芸関連の学校で基礎的なことを学んでおくと仕事に役立てることができますが、職人に弟子入りした場合などは最初からいきなり大切な工程を任されることはまずありません。

焼き物を作る土をこねることすら最初はやらせてもらえず、毎日のように雑務ばかりが続く日々を送りますが、現在第一線で活躍している著名な職人もそうした下積み時代を経ていることが多く、そのような流れが現在も続いているのです。

要は、何事も経験を積み、自分の作品を作り上げる力をつけるためだと前向きに考えられると良いでしょう。

年収、やりがい

陶芸家の年収は非常に幅広く、50~300万円ほどとなります。
もちろん、知名度が高くなり有名になればもっとたくさん稼ぐこともできるでしょうが、決して安定した職業とは言えません。

収入のことを第一に考えるようなら、並行して別のお仕事もこなしていくと良いでしょう。
特に、下積み時代などはほとんど給料らしい給料をもらうことができないケースが多いですし、お小遣い程度に数万円をもらうというようなこともあります。

完全実力主義の世界ですから、そういう意味で実力が認められた時には、大きなやりがいを感じられる職業と言えるでしょう。
独立すればそれなりの稼ぎを得ることができるようになるかもしれませんが、それもやはり実力次第。
師匠の元から独立したら、余計収入が少なくなったという方もいますから注意が必要かもしれませんね。

陶芸品買取店の需要

世の中には陶芸家がたくさんいますし、国内外問わず日々たくさんの作品が生み出されています。
近年は展覧会なども盛んに開かれている影響もあり、自分の作品をたくさんの人に知ってもらう機会が増えることもあるのです。

また、知名度が高くなればなるほど、陶芸作品の希少価値も高まり、陶芸品買取店などで高く取引されるケースも多いです。
もし、自分が尊敬している陶芸家の作品などがあれば、どのくらいの需要があるのか査定をしてみてもいいでしょう。
絵画や陶芸品などの買取|総合美術買取センター

弟子入りして経験を積むことはもちろん大切ですが、それだけではなく自分らしさを出せる作品を作り上げるというのも陶芸家には必要なスキルなのかもしれません。